歯を失っても大丈夫

歯を失ってもインプラント

歯を失ってもインプラントがある

虫歯や歯周病が悪化してしまった場合や、怪我によって前歯を失ってしまった場合には、食事をするにも不便であるとともに他の人からもどうしたのか気にされてしまうことになります。しかし、インプラントにしてみれば自然な仕上がりでもともとの自分の歯のように見せることができるとともに、人工の歯を骨に埋め込んでいるので入れ歯を入れた時のようにぐらぐらしたり間に物が挟まったりすることなく、美味しく食事をすることにも役立ちます。

インプラント治療のいいところ

インプラント治療の際には、顎に固定するので、咀嚼中に外れてしまう恐れもなく、安心して食事や会話を楽しめます。さらに、歯を欠損していても、顎の骨が痩せてしまうことを防げるので、健康維持にも適しています。インプラントは、隣り合う歯を傷つけることもなく、天然歯のような感覚で生活できます。見た目に関しても天然歯と酷似していて、色つやも質感も自分の歯のようです。そのため、一見すると、治療の事実もわかりません。

↑PAGE TOP