インプラントの事故

インプラントと病気の関係

インプラントの可能性を探る

昔は歯周病や傷などによって歯に大きなダメージを受けた場合は諦める事が多かった訳ですが、最近はインプラント治療によって様々な対処ができる様になってきました。従来のブリッジや入れ歯などは、残された歯に余分な力を加えて機能を分担をしながら維持してきた訳ですが、インプラント治療は確りとした固定性なので健康的な歯と同じ様な機能が期待できます。また、近年は価格においても手頃なものが増えた事も受け入れられている要因の一つになっています。

入れ歯をインプラントにする

最近は入れ歯の人がインプラントに変更する例も増えてきています。その理由は入れ歯のような手間がかからないということと、長く使うことができることです。入れ歯は食事のたびに外して洗う必要があります。入れ歯の間に食べ物が残ってしまうためにです。しかしインプラントはその隙間がないので歯磨きで十分なのです。また入れ歯と違ってしっかり固定されることと顎の骨を弱めにくいために入れ歯よりもかなり長くしようすることができます。

↑PAGE TOP