インプラントです

短期間でインプラント

インプラント治療について

失った歯をそのまま放置して治療しないと両はしの歯が倒れこんだり噛合せを悪くしてしまいます。噛合せが悪いと顎の関節に負担をかけてしまい、他の病気を引き起こしてしまうことになります。インプラントはこのような歯の治療方法のひとつなのですが、他に入れ歯やブリッジなどの治療方法と大きく違うところは周りの歯に負担をかけないということです。入れ歯は取り付けた両はしの歯に金具で引っ掛ける必要があり、ブリッジは両はしの歯を削る必要があります。しかしインプラントはその必要なく、強く固定することができます。

インプラントでローン会社を利用

インプラント治療は健康保険が適用されないため、自由診療が基本となります。治療を受ける際にはまとまった資金が必要となりますが、デンタルローンを利用することで治療費用を分割で支払うことも出来ます。ローンの支払い期間は無理なく36か月程度までとすることができるローン会社もあるので、毎月無理のない返済を行うことができます。利用可能額はローン会社にもよりますが、インプラント治療で素材が高い義歯を取りつけることを希望しているときにも借り入れが可能です。

↑PAGE TOP